トップページ > TVコマーシャルでブレイクした「ノーノーヘア」

仏エスティ

フレーム上

TVコマーシャルでブレイクした「ノーノーヘア」

TVコマーシャルでブレイクした「ノーノーヘア」は、サーミコン方式といって、熱を加えてムダ毛を処理するタイプの家庭用脱毛器です。光脱毛方式と違うのは刺激を与えるのが肌ではなく毛という点で、肌にダメージを与えにくいというのがウリのようです。毛を挟んで熱を伝えてカットするのですから、処理時のニオイの発生は避けられません。この製品の良い点はコンパクトで、一見すると脱毛器に見えないデザインでしょう。


何度かリニューアルされていますが、どれもスタイリッシュなのには脱帽です。

でも、焼き切るだけなので仕上がりが期待していたほどじゃなかったとか、焦げる臭いばかりで脱毛効果がなかったといったマイナス評価が多いです。ただ、発毛サイクルごとにこまめに使用していけば、ムダ毛が薄くなったという人もいます。
体の複数の場所を脱毛したいと考える人たちの中には、複数の脱毛エステで処理してもらっている人がよく見られます。複数のエステで脱毛すると、少ない金額で済ませられることが多いためです。
一方で、エステを掛け持ちすると面倒も増えますし、お金の節約になると限ったわけでもありません。

かかるお金も脱毛効果の具合もじっくり比べて見極めて、効率の良い掛け持ちを心がけててください。



脱毛エステのお店で施術を受けた後は、アフターケアを自分自身でしておくというのも大事なことです。そのひと手間のアフターケアをしておくことで、肌トラブルをさけ、良い状態を保ちやすくなります。

自分で行うアフターケアの具体的な方法についてはお店のスタッフからしっかり教えてもらえると思いますが、よく言われるのは「冷やすこと」「保湿すること」「刺激を与えないこと」こういったところが基本になるでしょうね。
特に保湿を心がけるというのは非常に大切です。脱毛をするためにエステに通うのなら、なによりもまず、そのサロンについてネットで検索することをオススメします。
各脱毛サロンは非常にバリエーションに富み、サロンにより、随分異なるものです。

サービスは良くても場所が通いにくいといったこともありますから、十分に検討することが必要です。



エステ、サロン、クリニックの中から、脱毛ができる所を選んで、自分が何をしたいか、それはどこでできるのかで選択肢を狭めていき、その後、店舗は自ずと決まると思います。家庭用の脱毛器ケノンは、派手なCMなどは見かけませんが、楽天市場の脱毛器ランキングで160週ずっと1位をキープしている人気のシリーズなのです。3年以上ということですから、相応の評価を得ているのがわかりますね。

日本製なので価格は高いですが、その分宣伝コストを抑えているので、価格の割に高い満足感が得られるうえ、光の照射範囲を広く設定できて手間と時間を同時に短縮できるのが特徴です。


重たかったり途中で電池切れが心配な充電式ではありません。安定した駆動ができるようにコンセント式を採用しているので、機能はフルなのに本体はとても軽く、脇など凹凸があって注意が必要な場所もラクに脱毛できます。この機種ならではの超強力な「ワンショット」と速効の「6連射」が選べて短時間での脱毛ができますし、照射面積の調整が可能なので、脱毛できる箇所がこれ1台ですごく多いのも、売れている理由のひとつでしょう。最近は駅前など便利な場所に全国展開しているサロンが増えてきています。
ただ、自分に合ったサロンという目で見ると、店舗数が多さは選択の理由にはなりません。


たとえばコーヒーチェーンにしてみても、どこでも同じメニューやサービスを提供しているわけではないですよね。
脱毛サロンも同じ。



いくら店舗が多くても、ユーザーが利用するのは自分の生活圏の中にある店舗であり、そこで有名店なりの優良なサービスが提供されているかが重要で、ネームバリューほどではないというクチコミも見かけられます。

あとになって契約したことを後悔してしまうかもしれません。
自分に合ったサービスが受けられなければ、知名度が高くても結局はムダになりますから、大手だから安心というのはある程度は事実かもしれませんが、絶対的な評価であるとは限らないので、大手以外のサロンにも目を向けるべきでしょう。



脱毛サロンで施術を受けて脱毛したら、わきががましになったりするかというと、ワキの毛がきれいに消えたおかげで雑菌の繁殖が抑えられたり、清潔な状態を保っておけるので、軽微のワキガなら症状が出なくなることもあるでしょう。



そうはいってもワキガそのものを治したわけではないので、ワキガが強めの人にとっては以前とあまり変わらないと感じるかもしれません。脱毛サロンでお試しコースなどに行くと、大体本格的なコースへの勧誘を受けますが断りたければ、有無を言わさない拒絶の態度を示すことです。理由は不要、言わない方が良いです。

お金のことを理由にすると、ここぞとばかりにローンをすすめてきたりもしますので、ただ「やらない」ということだけ相手に伝えるのが良いでしょう。お店側の勧誘に強く対抗できない自覚がある場合は夫や彼氏に相談しないと怒られるとその場にいない人を持ってきて断るというのが良いでしょう。



デリケートゾーンを脱毛しに脱毛サロンに行った時、キレイな仕上がりだったし、さらに肌トラブルも起こりにくいようです。ただ、どこの脱毛サロンでもデリケートゾーンの脱毛を実施しているわけではなく公式サイトをチェックしてみてください。デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいと思う方も、たくさんいますが、同性同士ですし、プロにしてもらうので安心できます。



イーモは2連射モードが可能で、比較的お手頃価格で購入できるフラッシュ(光)脱毛器です。ランニングコストも低く、1つのカートリッジで約6000回照射できるので、1回1.4円というとリーズナブルなコストが魅力です。一度照射すると、次に使えるようになるまで10秒ほど待たなければなりませんが、長押しすることで2連射できるモードもあります。
持ちやすいサイズでとても軽く、使いやすいイーモですが、出力をハイパワーにした後継モデルが発売されたため、在庫品という扱いでセール価格で販売しているお店もあります。お得な価格でフラッシュ脱毛器が入手できるので、狙い目かもしれません。



フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 仏エスティ All Rights Reserved.

ページの先頭へ